短パンゴルフの気取り方

短パンゴルフの気取り方

街着としてもショートパンツが定着したのは、昨今の猛暑続きの日本の夏事情があるのは言うまでもありません。
これは、1日屋外で過ごすゴルファーも同様で、ショートパンツ率は年々上がっていますが、なかなかかっこよくキマっている人は少ない。
大人としての貫禄を持ちつつ、涼しくプレーするには、どんなスタイルがいいのでしょうか。
その答えは、”名門でもサマになる”着こなしにヒントがあります。

名門でもOKな着こなしを目指せば大人の短パンゴルフが見えてくる

パブリックコースはさておき、大抵の名門でも短パン着用はOKです。
ただし会員でしか構成されていない”超”がつくほどの敷居の高い一部のクラブでは、中の様子がわからないなら、同伴プレーヤーに誘われた場合でも原則短パンは控えた方がベターでしょう。
クラシックなゴルフシーンでは臑を出さないことが美徳とされるから、たとえ短パンOKのクラブでも長めのソックスを選ぶなど最低限のマナーは必須です。
行く前に必ずHPでドレスコードをチェックしてください。

貫禄ある大人ゴルファーに見せる短パンスタイルの極意とは

ともするとリゾートゴルフに見えがちな短パンは、それに合わせる小物が大きな鍵を握っています。
例えば帽子はカジュアルなベースボールタイプを避け、クラシックなパナマハットやハンチングを。
同じ目線で靴もウィングチップやサドルを選ぶと貫禄たっぷりに見えます。
ソックスはアングル丈からロングの範疇でパンツのレングスに合う長さのものであれば問題なしです。
ただし白のハイソックスは間違うと夏休みの小学生に見えてしまうから要注意です。

ショートパンツで望む大人ゴルフに知っておきたい3つの心得

1.機能性素材丸出しなスポーティすぎる短パンは使わない
2.スタイリング全体をベーシックカラーにとどめておく
3.プレースタイルに貫禄をプラスするクラシックな小物を取り入れる

>> 背が低い男性向け通販ショップランキング <<