低身長メンズファッションのデイリーブランドの定番服

同じように見えるアイテムも素材や製造はかなり違う

手頃は価格で買えるユニクロやH&Mなどのファストファッションブランド。
世間的には、「安く、普通の服、低身長の服をあつかっている」といった画一的な印象がありますが、実はそれぞれに特徴があります。
とりわけユニクロや無印良品などの国内勢と、H&MやZARAなどの海外勢は大きく違うのです。

まず、ユニクロや無印は製品の企画・開発を長い時間をかけて入念に行います。
「長く多くの人に愛されるベーシックアイテム」を作りだすことに苦心しており、開発期間に1年時う費やすこともあります。
ユニクロであれが「フリース」や「ジーンズ」などが有名ですね。
フリースなどは未だに定番品として毎年驚異的な数が売れ続けており、ロングスパンで支持される、まさに「ベーシックアイテム」の製作を実現しています。

一方で、H&MやZARAなどの製品企画・開発は数週間単位です。
「今売れるものを今作る」というまさに「ファスト」を地でいく存在で「ベーシック」より「トレンド」を重要視しています。
今が旬の素材やデザインの商品、背が低い男性向けを作り、すぐに完売させ、また新たな商品を生むという「トレンド消費型アイテム生産」を生業としているのです。

こうして生産背景から考えると私たち消費者が取るべき選択は明白です。
長く使いたいベーシックアイテムはユニクロや無印で買い、「今着たい」旬のアイテムは海外ファストブランドで揃える。
そんな選び方が賢いでしょう。

もっともすべてファストファッションで構成してしまえば「没個性」なチープスタイルになりがちです。
あくまでポイントで差し込むようなイメージがお薦めです。

>> 背が低い男性向け通販ショップランキング <<