色を活用した背が高く見えるファッション

色を活用した背が高く見えるメンズファッション

今回は、カラーを活用した背が高く見えるメンズファッションについて、書きたいと思います。

背を低く見られないためには、まず太く見られないようにしなければいけません。
太く見えると、横に広がって見える分、背も小さく見られるからです。

そこで重要なのが、着ている服の色です。

色には、膨張職や収縮色というものがあります。
膨張色は太って見えて、収縮色は細く見えます。
膨張色は赤、オレンジ、黄色。
収縮色は緑、紫、黒、青です。

明るめの色と、暗めの色の2種類ですね。

服を選ぶときは、上下の服の色の合わせ方に気をつければ、背が高く見えます。

上半身の色

ただ収縮色だからといって、上半身も下半身も同じような色にしてしまうと、暗く見えてしまうので、アウターはボトムスよりも明るめにしましょう。

まず、人の目に入るのは上半身なので、明るめだと印象にも残りやすくなります。

アウター選びのコツは、丈が長すぎないものを選ぶことです。

丈が長すぎると、足が短く見えて、背も低く見られてしまいます。
ショート丈のジャケットなどを上手く合わせましょう。
インナーは、首元が緩めの物を合わせると良いです。
首元が閉まっていると、顔が大きく見えてしまうからです。

下半身の色

次に、ボトムスですが、アウターを明るめにした分、ボトムスは暗めの収縮色を選びます。

タイトなもの、スキニーパンツと呼ばれるものがお勧めですが、足が太め、筋肉質な人が履くと、パンパンに張って、逆に短く見えてしまうので、そういう人は細めのチノパンがいいと思います。

奥の手になりますが、シークレットコンソールという物があり、これを靴の中に入れると2~3cm程、背が高くなります。

靴を脱いでも、そんなに変わるわけではないので、脱いだら元の背に戻ってしまうシークレットブーツよりもお勧めです。

アウターのサイズ、色の合わせ方、パンツの太さ、これらのポイントに気をつければ背が高く見えます。

>> 背が低い男性向け通販ショップランキング <<